スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴方はそこでも書きますか!Σ(´∀`;)

はい!今日のレビューは映画じゃなくて本です★
ホリエモンこと堀江貴文さんの獄中記

その名も…


【刑務所なう。】(笑)



軽い!軽すぎるでしょ~www


獄中記なのに、この何とも軽いタイトル!

堀江さんの心の太さがタイトル一発で伝わって来るようです★

そんな堀江貴文さんの獄中生活に興味があったので購入、
出所後じゃないのに出版してるのが凄いなぁ…
なんて関心しつつページをハラリッ(・∀・)


まず驚いたのが堀江さんの情報量の多さ!

獄中に居るにもかかわらず
なんなんですか!?あなたのその情報収集力の凄さは!!!!

シャバにいる僕なんかよりも
圧倒的情報力に思わず
『やっぱ、ホリエモンってすげぇ~…(((( ;゚д゚))))アワワワワ』
って、内容じゃない所にビビりましたΣ(゚Д゚)ハウッ

その圧倒的情報収集力にとって集めた
巷の情勢に対しての考察力と見解に
フムフムと感心しながら読み進める…

するとチラホラ出てくる
普通に暮らしてたら気にも止めないような事に
喜びを感じている堀江さんに
可愛らしいと思う反面
なんだか獄中の厳しさも伝わってきました…


終始でてくる食事の詳細と感想

食べるという事はとてもとても大好きですが
お腹が空いたら普通に食べてる僕の生活。

今の堀江さんにとっては
かけがえのない一時なんだろうなと感じました

でもでも
規則正しい生活と労働と運動と食生活
それが功を奏し
ダイエット日記の様に
順調に痩せて行っている様です★

出所後の堀江さんの
引き締まったボディを見るのも
楽しみです★(ちょっと想像がつきませんが…)

いろんな葛藤がありながらも
そこら辺で普通に生活している人よりも
前向きで生き生きとしている堀江さんの話を見ていると
凄く刺激を受けました!

メンタル強すぎです!


堀江さんの判決には本当に賛否両論あるとは思うんですが
僕的には堀江さんを応援したい側なんです
(批判の声もあるとは思いますが)


なので出所後の堀江さんが
いったい日本にどう影響を与えていくのか
とてもワクワクしています(*´∀`)

僕的には

堀江さんの今が気になる人にはもちろん

・獄中生活に興味がある人
・なかなか日常にパワーが出ない人

なんかに読んでもらいたい一冊だなって思いました★

経済的な話に触れていなくてゴメンナサイ(汗)
その辺の内容は、やはり買ってからという事で(^_^;)
スポンサーサイト

豪華すぎる俳優陣♪三谷ワールド炸裂!!!

三谷幸喜監督の待望の最新作【ステキな金縛り】

まず、なんと言っても
三谷映画の醍醐味の一つ
毎度毎度の豪華な俳優陣★★★

深津絵里さん 西田敏行さん 阿部寛さん
竹内結子さん 浅野忠信さん 中井貴一さん
草なぎ剛さん 市村正親さん 小日向文世さん
小林隆さん  KANさん  木下隆行さん
山本亘さん  山本耕史さん 戸田恵子さん
浅野和之さん 生瀬勝久さん 梶原善さん
阿南健治さん 近藤芳正さん 佐藤浩市さん
深田恭子さん 篠原涼子さん 唐沢寿明さん

って!おぃおぃ豪華すぎるだろ!
主役級の人がてんこ盛りのモリモリ盛りだくさん(・∀・)
しかも!大物俳優がほんのチョイ役的な感じで
出てるのがニクイですねぇ~贅沢です♪


キャスト見てるだけで得した気分です♪(笑)


三流の女性弁護士が事件の唯一の目撃である
幽霊の落ち武者の協力を得ながら
殺人罪で起訴された男の無実を証明しようと
奔走する様がコミカルに描かれているこの作品

もう、なんか設定からして独特すぎです★
やっぱり三谷幸喜監督は好きです♪
そんなことしちゃうの?っていうような
コメディー要素がたくさん詰まっています☆

コントを繋げて観ている様な感覚とでも言いましょうか
笑いをつまみにビールが進みます♪(゚∀゚)ウマウマ


人によっては
ちょっと無理矢理感を感じるかもしれいですが
それがまたなんとも馬鹿馬鹿しくてクスッと来ました(゚∀゚)アヒャ


それから、深津さんの可愛い仕草と
西田さんの落ち武者とのギャップが
たまらなく好きでした(^o^)

西田さん以外がやったら違うんだろうなぁ…
って思うくらい落ち武者の役は最高にハマってました
あの味は…あの味は…
西田さんに感謝です☆☆☆

とても美味しいビールが飲めました(笑)(゚∀゚)ウマウマ

頑張れ!!じぃちゃん!!!!!

矢口史靖監督の最新作【ロボジー】

主演はミッキー・カーチスとして活動していた
73歳の五十嵐信次郎さんとヒロインに吉高由里子さん★


【ハッピーフライト】【スウィングガールズ】など
矢口史靖監督の作品は大好きなのでワクワクしながらイザ鑑賞(・∀・)


突然“ロボットの中身“として活躍するハメになった
頑固爺さんに起きる様々なハプニングを描いた今作品☆


ロボットは人間にあまりにも似すぎていると、
かえって不気味に感じるという話を聞いたことがありますが…

そんなことないよ!!☆

五十嵐信次郎さんの擬人具合が絶妙なのでしょう
なんとも可愛げのある感じで、不気味どころか
親近感がわきました~(*´∀`)

矢口史靖監督ワールド的な
あの、愛あるほのぼのコメディー感が
なんとも心地よく楽しませんくれました♪♪♪


ロボットうんぬんのドタバタ感だけでなくて
お年寄りゆえにある事情なんかが盛り込まれているし
人生の生き方的な感じとか
家族の繋がりとか
じんわりと、そしてホッコリと伝わってきます(#^.^#)


ぶっ飛んだ感じのヒロイン役に
吉高由里子さんが、これがまたピッタリで★★★
超絶的に可愛らしかったです♪

独特の間・展開にホッコリ笑顔になれて
のんびりしたストーリにゆったりほのぼの癒されます☆

大人から子供まで一緒になって観ても
楽しく観れる映画だなって感じました(*^^)v

まだ観てない人は是非!
僕的には結構オススメの作品です\(^o^)/

トニー賞5部門受賞の舞台劇を映画化!

今回お送りするのは【戦火の馬】

スティーヴン・スピルバーグが監督を務めるヒューマン・ドラマ

イギリスの児童文学作家マイケル・モーパーゴの同名小説を基に
戦火に引き裂かれてしまう少年と馬の友情の行方を
ドラマチックに描かれています。
愛する者を救うための過酷な旅を詩情豊かな映像でみせてくれます。


まず、イギリスの景色が素晴らしく綺麗です

憧れます★
日本では見ることの出来ない情景です★

一度は行ってみたいなぁ(*´∀`)

役者が馬だけに、人間の俳優と違って
もちろん台詞は無い訳なんですが
その分、表情豊かな好演であたかも人間の様な心を
持っているかの様に演じてくれる姿は
とても良かったです(^_^)

馬と人間の別れから再開までという
少々ベタな物語ですが
とても感動的な物語でした★★★

戦争の愚かさも良く描かれていました。
中間地帯で鉄線に絡まって動けなくなっている馬を
イギリス兵とドイツ兵が協力して助ける場面があり
殺し合いをしている中でも、湧き出てしまう
人間の心が描かれていてなんだか複雑な思いを感じました

古き良き時代…

なんか日本について色々と考えさせられてたら
古き良き昭和なんて言葉に目が止まり

おもわず借りちゃいました
【ALWAYS 三丁目の夕日’64】

日本中に感動を提供した大ヒット・シリーズの第3作目★
東京オリンピック開催に日本中が熱狂した昭和39年を背景に
おなじみの夕日町の住民たちの人生模様が描かれております(・∀・)

作品の大きなテーマが『巣立ち』という事で
鑑賞後に喪失感が残るかと思いきや全く逆でした
私も明日から頑張ろう!って自然と思ってしまいました(*^_^*)


幸せな映画です

理屈ではありません

幸せで優しい映画でした


私はまだ生まれてない64年ですが
なんだか懐かしい感じ…
みんなイイ人すぎて感動しました(/_;)
とても心に染みました!

純粋に人っていいな!助け合うっていいな!
人の幸せを素直に心から喜べるっていいな!って思いました

なんだか最近はあんまり感じてなかった感覚です
大事な感覚ですよね?
こんな感覚を忘れてたんだなぁ…
なんて思うとちょっぴり悲しくも感じました…

今の日本という時代に欠けてるモノ
それがこの映画に集約されてる感も覚えました

登場する人物全てが善人で純粋なんです
そこが心地よさの根底なのかもしれない
すさんだ心や絶望的な心がはびこる現代に
こういう映画が必要なのかなぁ…

なんてしみじみ思いつつ
ビールを片手に
焼き鳥をパクリッ(゚∀゚)ウマウマ

爽やかに感動しながらの
ビールもいいもんですねっ♪♪

ぜひ多くの人に観てもらい
ピュアな気持ちを蘇らせてもらいたい作品です(*^_^*)
プロフィール

kimamaningen

Author:kimamaningen
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。